ひよっこ第155話の感想・あらすじ「プロポーズ」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の155話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第155話のタイトルは「プロポーズ」です。

 

ひよっこの154話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は谷田部家は自分がいなくても大丈夫。お父ちゃんももう大丈夫ということを確信しました。

 

その続きとなるひよっこ第155話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 




 

ひよっこ155話のあらすじ

あかね荘には、久しぶりに向島電機の乙女寮のみんなが集まっていました。優子(八木優希)は、赤ちゃんが出来てるという手紙がやってきたという。

 

そして、みんなで秋田に応援に行かないかと話し合います。澄子(松本穂香)は、ばあちゃんが東京に慣れずに田舎に帰ったと話すのでした。

 

豊子(藤野涼子)と澄子があかね荘に引っ越してくるというのです。一方の谷田部家では、ちよ子(宮原和)が困ってみね子に手紙を送っています。

 

内容は、家族みんなで歌自慢に応募して当選したのだという。しかし、家族全員で東京ってなるとお金がかかるのでどうしたらいいかわからないとみね子に相談してきたのです。

 

みね子は、いざっていう時のために茂(古谷一行)からもらったお金をちよ子に送ったのです。だから、みんなで家族みんなで歌自慢に出るのだと話します。

 

そして、谷田部家の夢で家族全員で「すずふり亭」に来たいのだといいます。それを歓迎するすずふり亭の人たち。その後、みね子と秀俊(磯村勇斗)がにんじんの皮をむいでいます。

 

すると、突然秀俊が結婚しようとプロポーズします。みね子は喜び笑顔になります。ずっと幸せになろうと秀俊の言葉にみね子は、秀俊のほっぺにキスをします。

 

秀俊もキスを返します。そして、家族みんなで歌自慢の日がきました。谷田部家のみんなが正装して、東京にやってきます。スタジオに入って興奮する宗男(峯田和伸)。

 

円陣を組んで気合を入れます。ちよ子がみんなの中心で仕切ります。茂も緊張しています。谷田部家はなぜか、たぬきさんチームになります。

 

一言でいうとどんな家族かと聞かれた実(沢村一樹)は「世界一の家族」だと答えます。涙くんさよならを歌います。ひよっこ155話のあらすじはここまで。ひよっこ最終回のあらすじにつづく。

 



 

ひよっこ155話の感想

ひよっこ155話のあらすじは、秀俊がみね子にプロポーズする回でした。また、谷田部家全員で家族みんなで歌自慢に出演して歌い始めるところで終了しました。

 

久しぶりに乙女寮のメンバーが集まると必ずなんかありますよね。終了間際のここにきて、澄子と豊子があかね荘に引っ越してくるっていうのがすごいですよね。

 

職場から近いのでしょうか。ただ、みね子も結婚するのであかね荘から出ることになるかもしれませんけどね。それでも、澄子と豊子の二人だけでも濃くなりますよね。

 

みね子と秀俊はすずふり亭で働いているわけですし。あと、愛子(和久井映見)もすぐそこになりますからね。なにかと、女性だけで集まっていろんなことができるかも。

 

そうやって思うと、なんかわくわくしてきますよね。また、秀俊とみね子のプロポーズはよかったですね。なんか、秀俊らしいなって思いました。自然で。

 

なんか、そういう雰囲気でないところでのプロポーズだからいいみたいなところがありました。夜景みてみたないのは、秀俊とみね子には似合わないかなって思います。

 

みね子はすごく幸せそうな顔をしていたのが印象的でした。秀俊と付き合いだす前ぐらいから、本当にみね子キレイになったなあって思いますね。恋するとキレイになるってやつですかね。

 

そして、「涙くんさよなら」を選んでくるっていうのが素敵です。なんか、すでに泣いてしまいそうな予感がします。これまでの谷田部家のことを思ったら泣きそうになります。

 

また、脚本家の岡田さんは最後に泣かせるんちゃうかな?そんなことをどうしても思ってしまいます。ひよっこ155話の感想はここまで。ひよっこ最終回の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)